トラネキサム酸がそばかすに効果がある理由

   

クリニック等で美白ケアに使われるトラネキサム酸はそばかすに効果があります。

 

トラネキサム酸にはメラニン色素の生成を抑える効果があります。

 

トラネキサム酸そばかす

 

内服で使われることが多いのですが、レーザー治療などでは消せない肝斑も薄くすることができます。

 

メラニン色素は紫外線などを浴びることにより、メラノサイトという肌細胞に刺激が伝達されて分泌されます。

 

トラネキサム酸は、この伝達物質の働きを阻害するのです。

 

紫外線を受けた、という情報がメラノサイトに伝わらないので、メラニン色素が過剰反応することが減ります。

 

必要以上のメラニン色素を作らないことによって、新たなそばかすができるのを防ぐことができます。

 

特に肝斑に効果があるといわれているのも、そのブロック作用によるものです。

 

肝斑が影響を受けるという酵素「プラスミン」の働きも阻害することができるため、かなり薄くしにくいシミである肝斑も薄くする効果が期待できます。

 

トラネキサム酸はクリニック等では服用する薬として使われます。化粧品にも使用されていますが、服用が一番効率が良いようです。

 

 

トラネキサム酸は市販のもので大丈夫?

 

トラネキサム酸を使用している代表的な飲み薬はトランサミンです。

 

医師の処方箋が必要な薬で、止血作用の効果がある薬として使われています。

 

市販品でトラネキサム酸を使っているものもあります。ですが、それは風邪薬に配合されているものがほとんどです。

 

トラネキサム酸単体のものは日本では市販されていないので、単体を探すなら海外輸入しかありません。

 

ですが、海外輸入のものは品質に不安がある、日本人に対する臨床試験は行われていないなど、心配な部分がたくさんあります。

 

皮膚科に相談すれば投薬が受けられる場合がありますので、まずは安心感のある医療用を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

トラネキサム酸だけでそばかすは薄くなる?

 

肌細胞の働きが正常なら、薄くなるようです。

 

肌細胞は細胞内で生まれた不要物を排出し、栄養分と水分、酸素などを血液から受け取ります。このとき排出される不要物の中にメラニン色素も含まれるからです。

 

肌細胞は28日で生まれ変わるのですが、年を重ねるとこの周期が遅くなります。

 

28日で新しくなるはずのものが36日、48日…とどんどん皮膚が古くなり、その分排出されない不要物がたまっていきます。

 

若いころは紫外線を浴びてもシミにならなかったのに、20代を過ぎるとしみになって定着してしまうのは、この周期が遅くなるためです。

 

この周期をターンオーバーと言います。トラネキサム酸だけでは、新しくそばかすを作らないという働きになります。

 

古いメラニンがターンオーバーによって排出されて初めて、今あるそばかすを薄くするということにつながります。

 

 

トラネキサム酸を使ってはいけない人

 

トラネキサム酸は止血作用があります。そのため、心筋梗塞、脳血栓、血栓性静脈炎など、血液が固まっては困る病気の人は服用することができません。

 

化粧水などの外用ならば大丈夫なようです。妊娠中・授乳中の方も避けたほうが無難です。

 

副作用としては胸やけや嘔吐、食欲不振などなどの胃腸に影響が出るものがほとんどです。

 

ほかの薬でもアレルギー反応が出る人はじんましんや発疹などが出ることもあります。

 

どれも副作用としては比較的軽いものですが、以上のような副作用が出たら、必ず服用をやめ医師に相談してください。

 

薬の副作用は、薬をやめれば止まることがほとんどです。おかしいと思いながら飲み続けることが重大な疾患や重い副作用に結びつきます。

 

異常をそのままにせず、必ず医師や薬剤師に相談してください。

 

初回1,900円で買える美白薬!ロスミンローヤルの公式ページを見てみる。