シミに効く飲み薬

   

シミは、皮膚の奥にメラニンが過剰沈着することによって起きる現象です。このため、肌の表面に働きかける化粧品では、皮膚表面にあるシミしか作用することができません。

 

このため、皮膚の奥深くにできてしまったシミは、飲み薬で体内から働きかけたほうが効く場合があります。ここでは、シミに効く飲み薬を集めてみました。

 

ロスミンローヤル

 

ロスミンローヤル

【初回1,900円!】通販限定ロスミンローヤル販売サイトはこちら。

 

ロスミンローヤルは、できてしまったシミ・そばかすを薄くする唯一の医薬品です。

 

生薬の成分9種類を含む22種類の有効成分の力と、L-システインの力で代謝を上げ、肌のターンオーバーのサイクルを正常化し、シミやそばかすを薄くする効果があります。

 

シミには、日焼けなどメラニンの沈着が原因で起こったものと、女性ホルモンの乱れが原因といわれる肝斑があります。

 

メラニンの沈着が原因で起こるものには、肌のターンオーバーを正常にすることでメラニンを排泄する力を高めることによってシミを解消します。

 

女性ホルモンの乱れが原因で起きる肝斑には、ロスミンローヤルに含まれている生薬の力で働きかけて、ホルモンバランスを整えることによって薄くする効果が期待できます。

 

成分・効果

 

美白に導くアスコルビン酸と、代謝を高めるL−システインの働きで、体の中から肌を新しいものにするターンオーバーの働きを促し、シミを分解して美白に導きます。

 

また、生薬の成分を配合していますので、代謝を高めるためだけでなく、乱れがちな女性ホルモンを正常な状態に戻したり、冷え性や血行不良などの悩みに働きかける効果も期待できます。

 

傷んでしまった肌の補修に欠かせないビタミンB群も含んでおり、体を温めてつやのある肌に導くニンジン・トウキなどの生薬とともに皮膚のダメージによるシミを分解し、排泄する働きをします。

 

使用上の注意点・副作用

 

ロスミンローヤルは第3類医薬品です。医薬品のため、規定量を超えた服用は副作用の危険があります。

 

1回の量は3錠を限度とし、食後30分の服用を守ってください。

 

守らない場合、胃腸障害などの副作用がでることがあります。

 

【初回1,900円!】通販限定ロスミンローヤル販売サイトはこちら。

ロスミンローヤルを飲んだ私の体験談(30代女)

 

 

ホワイピュア

 

ホワイピュア

【初回限定2,900円】ホワイピュア販売サイトを見てみる。

 

肌への有効成分を複数配合し、シミやそばかすに飲んで効く医薬品がホワイピュアです。

 

効果が承認された第3類医薬品として、有効成分のL-システインと各種ビタミンが肌を内側から健康に美しく保ちます。

 

紫外線やストレスなどから過剰に発生した黒色メラニンがシミの主な原因になります。黒色メラニンを作らせない成分と、黒色メラニンが肌に沈着するのを防ぐ成分によってメラニンの発生を防ぎ、シミやそばかすとして現れるのを防ぎます。

 

また、肌のターンオーバーを促すことによって、肌にあるメラニンを速やかに排出する力を促します。

 

成分・効果

 

メラニンを抑制するビタミンC(アスコルビン酸)とターンオーバーを促進するL-システイン、メラニンを沈着させないビタミンEの力で美白に導きます。

 

L-システインはビタミンCやビタミンEと共に、コラーゲンを生み出してハリのある肌に整える働きをします。L-システインの持つ新陳代謝の力を強めるビタミンB2と、皮膚が新しく生まれるのに欠かせないビタミンB6の力を合わせて、ターンオーバーを促進します。

 

有効成分だけでなく、有効成分をサポートする役割の成分をバランスよく毎日飲むことで、今あるシミだけではなく、将来のシミ・そばかすの予防にもつながります。

 

塗るのではなく、飲むことによって、自分では見ることができない背中や首の後ろなどの部分もケアすることができます。

 

使用上の注意点・副作用

 

第3類医薬品なので、副作用が起きることがあります。

 

発疹・発赤、かゆみ、吐き気・嘔吐、胃部不快感、腹痛、下痢、便秘などが服用後に起きた場合には、服用をやめてかかりつけの医師や薬剤師に相談してください。

 

直射日光を避け、使用期限を過ぎたものは服用しないでください。

 

【初回限定2,900円】ホワイピュア販売サイトを見てみる。

ホワイピュアの効果と体験談を見てみる。

 

 

ハイチオールC

ハイチオールC

 

ハイチオールC(ホワイティア、プラス)は、シミやそばかすを治療するための第3類医薬品です。

 

L−システインの力で、シミの原因となる黒色メラニンを無色化することにより、今からできるシミを予防する効果に優れています。

 

また、L-システインには、肌の代謝を高める働きもあります。肌の代謝を高めると、過剰にできた黒色メラニン(シミ)を分解し、排泄する働きが活発になります。

 

錠剤が飲みにくいという人のために、ハイチオールシリーズでは最小の錠剤サイズです(直径8.7o)。

 

成分・効果

 

L-システインとビタミンCは、体内にできる酵素が活性化するのを抑えます。酵素は、人体にはなくてはならない大切なものですが、酵素が活発に動きすぎるとメラニンを過剰に分泌してしまいます。活性化を抑える成分のおかげで、黒色メラニンが過剰に沈着するのが防げます。

 

L-システインには、さらに、できてしまったシミを消す効果があります。肌のターンオーバーを正常にすることにより、メラニンが沈着した角質をスムーズに排出し、元の白い肌に導く力があるのです。

 

優れた代謝効果のあるL-システインは、二日酔いの解消にも効果があります。アルコールを無害な物質に変える酵素の働きを助ける効果もありますので、二日酔いの疲れや慢性的な疲れの解消にも効果があります。

 

使用上の注意点・副作用

 

特徴としては、食後、食前を問わず、いつでも服用できることが上げられます。

 

副作用は特に記載されていませんが、7歳以下の小児に服用させることは禁じられています。

 

また、ビタミンCを高濃度で含むため、尿検査の数値に影響が出ることがあります。検査を受診するときには、医師にあらかじめ服用を継げておくことをおすすめします。

 

 

シミトール

 

シミトールは、アスコルビン酸(ビタミンC)を豊富に配合し、シミを薄める効果を持った第3類医薬品です。

 

できてしまったシミの色素沈着を緩和し、メラニンの働きを抑制して肌が黒ずむのを抑える効果があります。

 

このため、古いシミを分解して排泄するだけでなく、新しいシミができるのを抑える力もあります。

 

毎日摂取して美白に効果がある量は、アスコルビン酸だと1000mgと言われていますが、シミトールには2倍量の2000mgが含まれています。

 

成分・効果

 

アスコルビン酸は、体内でビタミンCに代わります。ビタミンCは、メラニンの働きを抑え、できてしまったシミを分解する効果があります。

 

色素の沈着を阻害する効果もありますので、一度作られてしまったメラニンが肌に沈着してシミになるのを防ぐ効果があります。

 

また、傷んでしまった皮膚の再生に欠かすことのできないビタミンB2(リボフラビン酪酸エステル)も含んでいます。

 

ビタミンB2は、細胞の修復には欠かせない栄養素で、紫外線によって痛んだ肌を修復することができます。

 

使用上の注意点・副作用

 

ビタミンCは、美白には大変効果のある栄養素ですが、大量に摂取すると吐き気や胸やけ、胃腸障害を起こすことがわかっています。

 

1日の規定量は必ず守り、食後に服用という注意書きを守りましょう。

 

 

チョコラBBルーセントC

 

チョコラBBルーセントCは、アスコルビン酸の力でメラニンの抑制に働きかけ、L-システインの力でできてしまったシミを排泄する働きのある第3類医薬品です。

 

表皮の下からメラニンを無色化することができるので、できてしまったシミを薄くし、健康な肌を取り戻すことができる飲み薬です。

 

紫外線による色素沈着を和らげるだけでなく、妊娠・授乳期の体力低下時のビタミンCの補給にも役に立ちます。

 

成分・効果

 

メラニンの沈着を防ぐアスコルビン酸と、代謝を促し、シミの原因となるメラニンを分解して排泄するL-システインの力で、できてしまったシミを分解し、薄くすることができます。

 

また、粘膜を健やかに保つビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)、細胞の修復に欠かせないビタミンB2リン酸エステル(リボフラビンリン酸エステルナトリウム)を配合することによって、紫外線によって傷ついた皮膚の細胞を修復し、メラニンのたまりにくい肌を作ります。

 

血行を良くするニコチン酸アミドの力で、L-システインが働きかける代謝の力を高め、よりシミを薄くする効果に期待することができます。

 

使用上の注意点・副作用

 

アスコルビン酸は、空腹時に大量に摂取すると吐き気や嘔吐などの症状が出ることがあります。食後の服用、1日の規定量をきちんと守って服用しましょう。

 

また、生理が予定より早く来たり、経血量が多くなったりすることもあるようです。

 

異常はありませんが、あまりに生理期間が長く続くようだったら医師に相談してください。

 

実力派!2017年度版の美白薬ランキングを見てみる。

 

 

皮膚科の飲み薬について

 

皮膚科で処方される飲み薬には、

 

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • L-システイン
  • グルタチオン
  • トラネキサム酸(トランサミン)
  • ハイドロキノン
  • トレチノイン(レチノイン酸)

 

等があります。皮膚科では単体で処方されることがありますが、美容皮膚科などでは治療と併用することによってより早い効果を期待します。

 

主成分はこれらの通りですが、メーカーによって名前が違うため、成分を見ていただければ効果は分かるかと思います。

 

ビタミンC

 

メラニンが作られるのを抑制したり、活性酸素の害を除去したりするビタミンです。

 

コラーゲンの生成を促進する効果も持っています。服用もありますが、外用や点滴など、広範囲に美白目的でつかわれる成分です。

 

高濃度のものになる場合、持病で薬などを飲んでいると相互作用しあうことがあります。持病の薬を飲んでいる方は、予め医師に相談してください。

 

ビタミンE

 

抗酸化作用が強く、アンチエイジング目的としても使われます。メラニンの沈着を防ぎ、排出を促す力が期待されます。

 

過剰摂取すると過剰症になることがあります。普段からビタミンEのサプリメント等を飲んでいる人は、皮膚科で処方されたビタミンEと一緒に飲むのはやめましょう。

 

あまり長く服用を続けていると目がかすんだり、頭痛や吐き気、胃けいれんやめまいが起きることがあります。すぐに服用を中止して医師に相談してください。

 

L-システイン

 

肌の生まれ変わり、ターンオーバーを促進する作用があります。細胞の新陳代謝を高め、新しい皮膚を作っていくことで古い細胞に蓄積されているメラニンを除去します。

 

口の渇きや吐き気、嘔吐、下痢、腹痛などが副作用として挙げられていますが、重大な副作用は特に報告されていません。過剰摂取には注意が必要です。

 

L-システインで美白肌を目指すために

 

グルタチオン

 

高い抗酸化作用を持っている成分で、肌にたまった過酸化脂質を排出してくれる働きがあります。

 

メラニンは過酸化脂質の部分にたまるので、過酸化脂質と共にメラニンを排出してくれる効果が期待されています。メラニンの産生を抑制する効果もあります。

 

もともとは体の中にある成分ですが、20代以降は減少してしまう成分です。医薬品ですので、市販では手に入りません。

 

稀に副作用として発疹などのアレルギー症状、食欲不振、吐き気や嘔吐、胃痛などの消化器障害を起こすことがあります。

 

腎臓に障害があったり、妊娠する可能性がある方、授乳中の方は飲むことができません。

 

トラネキサム酸

 

肝斑の治療に使われる成分です。メラニンを作り出す働きを抑制し、メラニンが肌に沈着するのを防ぐ効果があります。

 

皮膚科で処方されるものは市販のものよりも濃度が高く、内服薬や外服薬の両方に使われています。

 

発疹やかゆみなどのアレルギー症状が稀に起きることがあります。また、食欲不振や吐き気、下痢、眠気などを催した場合には医師に相談してください。

 

抗プラスミン剤で過敏症状を起こしたことのある人は、医師に相談が必要です。

 

トレチノイン(レチノイン酸)

 

肌のターンオーバーを促進する目的で使われます。ビタミンAの1種で、代謝を促進する効果があるため、メラニンの色素の沈着を排出できる効果が期待される成分です。

 

ビタミンA剤との相互作用によって副作用を引き起こすことがあるため、他に飲んでいる薬がある場合には、必ず医師に相談してください。

 

皮膚科の飲み薬にも劣らない!通販で初回安く購入できる美白薬ランキング