遺伝性のそばかすは消えるのか?

   

そばかすには遺伝性のものがあります。

 

遺伝性なら、一生そばかすとは縁が切れないのでしょうか。

 

遺伝性のそばかす

 

子どものころから「そばかす」が気になる方へ。そばかす専門クリーム「フレキュレル」の効果・感想・口コミ

 

 

そばかすは2種類ある!遺伝的なものと後天的なもの

 

そばかすには2種類のものがあります。遺伝的なものと後天的なものです。

 

 

遺伝的なそばかす

 

親にそばかすが多かったから、という親由来のもの、親はそうでもなかったのだけれどもおばあさんが、というような隔世遺伝のものなど様々です。

 

男性にも出ることがあります。

 

ほくろは遺伝するといいますが、そばかすも遺伝するのです。

 

遺伝性のそばかすは3歳くらいから発症し、思春期を過ぎると消えるのが一般的です。

 

 

後天的なそばかす

 

紫外線を受けたり、睡眠不足やホルモン異常などによって20代過ぎから出始めるそばかすです。

 

自然に消えることはまずありませんが、ホルモンの乱れが原因である場合、60代を過ぎたあたりで消えることがあります。

 

紫外線が原因のものならば、消えることはありません。

 

 

遺伝性のそばかすはどうやったら予防できるのか?

 

遺伝性のそばかすも、人によって出方に違いがあります。

 

主に太陽に当たっている時間の長さや、肌の保湿性能などによるところが大きいといわれています。

 

紫外線を浴びないこと、浴びてしまうときは日焼け止め対策をきちんとすること、抗酸化作用のある食材を取ることなどが、遺伝性のそばかすなどをあまり出さないようにするためにできることです。

 

遺伝によってそばかすのできる素地が肌の中にあったとしても、必要以上の紫外線を浴びたりしなければ、ある程度そばかすが表面に見えるのは防げます。

 

逆に、遺伝的な要素が無い人でも、紫外線を必要以上に対策なしで浴びたり、肌を過酷なストレス下に置くようなことがあれば若くてもそばかすは出てきます。

 

きちんと紫外線対策をし、そして肌に良い栄養を取ること。

 

もちろん、十分な睡眠と、上手なストレス解消は必要です。

 

これらを守れば、たとえ遺伝性のそばかすがあっても、あまりそばかすが出ることなく思春期を迎え、やがて白い肌になるでしょう。

 

思春期を過ぎると消えることを考えると、「遺伝的なそばかすはお得」のように映るかもしれません。

 

遺伝が原因のそばかすは本当にお得なのでしょうか。

 

 

遺伝性のそばかすはお得?

 

思春期に消えて、そのまま一生再発しないのであれば、遺伝性のそばかすは人生において「お得」かもしれません。

 

ところが、遺伝性のそばかすを持つ人の中には、「一生そばかすが消えない」という人もいます。

 

なぜかというと、それは皮膚の中のメラノサイトという組織がなくなるわけではないからなのです。

 

メラノサイトは、メラニン色素を作り出す場所の名前です。

 

紫外線やストレス、寝不足などによって生み出された活性酸素が、メラノサイトを刺激することによってメラニン色素を生み出してしまいます。

 

メラニン色素が皮膚細胞の角質の中に蓄積されれば、それは「そばかす」や「くすみ」となります。

 

メラノサイトがない人はいません。

 

そのため、若いころからそばかすがあるために「遺伝性のものだからいつか消える」と一切ケアをしないでいれば、一生そばかすと縁が切れない、ということもあるのです。

 

遺伝であっても、遺伝的な要素がなかったとしても、30代を過ぎてからの肌がそばかすだらけにならないよう、しっかりケアをしていきましょう。

 

 

そばかすを作らないケアとは

 

日中は日焼け止めで紫外線をブロックしよう

 

日焼け止めや帽子など、若くても「焼かない」「紫外線を浴びない」という努力をすることで、必要以上にメラニン色素を作らなくて済みます。

 

遺伝性の人は、遺伝要素の少ない人よりも少量の紫外線の刺激でメラノサイトが刺激されてしまうようです。

 

肌に水分がたっぷりある子供の頃なら良いのですが、肌荒れなどによってバリア機能が乱れると、紫外線の刺激を受けやすくなります。

 

若くても保湿はしっかりと行いましょう。

 

 

抗酸化作用のある食べ物を食べましょう

 

抗酸化作用のある食べ物は、体内の活性酸素を除去する力があります。

 

美肌のビタミンといわれているビタミンCもその一つですが、植物や果物に含まれているポリフェノールも抗酸化作用のあるものがたくさんあります。

 

動物性のものだと、鮭などに含まれるアスタキサンチンなども強い抗酸化作用を持っています。

 

活性酸素を除去できれば、そばかすが緩和されるだけでなく、体の細胞の老化防止にも効果があるため、アンチエイジングの効果も期待できます。

 

 

夜は肌が修復される大事な時間です

 

日中、さまざまな刺激で傷ついた肌は、夜、成長ホルモンが活性化する時間帯に細胞レベルで修復されます。

 

一番成長ホルモンが活性化する時間帯は、夜22時から深夜2時まで。

 

この時間帯にきちんと睡眠をとっておくことが必要です。

 

起きているとどうしても体はエネルギーを他の活動に振り分けてしまいます。

 

そのため、せっかく生まれる成長ホルモンの動きも妨げられ、肌の修復に十分使われなくなってしまいます。

 

子供の背が伸びるのも、細胞の修復や老廃物の排泄が行われるのも、成長ホルモンの働きによるところが大きいのが事実です。

 

夜は規則正しく十分な睡眠を取りましょう。

 

そうはいっても、現代社会で生活している女性で夜10時に就寝できる女性がどれだけいるでしょうか。

 

そんな女性が十分に肌を修復し、活性酸素の害から肌を守るには、夜、細胞からメラニン色素を初めとする老廃物を排泄する働きを活性化させる栄養分を、肌や食物から取り入れる必要があるのです。

 

 

眠れない人は肌の外から修復を

 

十分な栄養を取り、十分な睡眠をとっていれば、肌トラブルに見舞われることは多くないようです。

 

十分な睡眠をとることが難しい方は、夜の時間帯だけでも肌に外から栄養を与え、十分な保湿効果を育てることによってメラニンを排泄する機能を高めることが大切です。

 

メラニンを排泄する肌を育てることのできる栄養クリームが、フレキュレルというクリームです。

 

薬用クリームなので敏感肌の人も使えるクリームですが、珍しいそばかす対策専用のクリームとしてたくさんの支持を得ています。

 

肌の保湿機能を高めることで紫外線の刺激を受けにくくする肌を育て、夜の間に十分な水分と栄養を与えることによって肌の修復を助けるダブルの効果で、できてしまったそばかすにも、これからできるそばかすの予防にも大きな効果が期待できます。

 

メラニンの生成を抑止するトラネキサム酸やアルピニアアカマツダイ種子エキス、バイオベネフィティなどの成分と、メラニンを排泄する力のあるシュガースクワランでメラニン対策を行います。

 

そのうえで、保湿力や浸透力を高める5種類の保湿成分を贅沢に配合して、肌そのものが持つバリア機能を高める力も持っています。

 

若いから、遺伝だから、と言っていると一生そばかすと縁の切れない人生になってしまうかもしれません。

 

10年後に鏡の前でため息をつかないためにも、20歳を過ぎたら今すぐ対策を始めることをおすすめします。

 

そばかす専門の美白クリーム「フレキュレル」

フレキュレル