ハイチオールCは美白に効果がある?

   

ハイチオールCシリーズは、「ホワイティア」と「プラス」の2種類があります。

 

どちらも第3類医薬品です。

 

ハイチオールC

 

おおまかな分け方としては、

 

  • 本気でシミやそばかすの治療をしたい方は、ハイチオールCホワイティア
  • シミ、そばかすをよくしたい、疲労回復もしたい方はハイチオールCプラス

 

という使い分けができるようです。

 

実力派!ハイチオールC以外の美白薬ランキングを見てみる。

 

 

ハイチオールCの効果

 

ハイチオールCシリーズ

シミやそばかすをL-システインで治療するための最新の医薬品がハイチオールCホワイティアです。

 

本気のシミ対策ができるよう、肌細胞の新陳代謝を正常化するパントテン酸カルシウムを配合しています。

 

シミやそばかすは過剰なメラニンが皮膚下に蓄積することによっておこる症状です。

 

メラニンは、肌の健康を守るためにはなくてはならないものです。

 

メラニンが無かったら、肌の真皮組織が紫外線によって破壊されてしまうからです。

 

メラニンは紫外線から肌を作るシステムを守る盾のようなものです。

 

ところがメラニンも、適度につくられているうちは問題がありませんが、肌のストレスや光老化、加齢などによって生成バランスが狂い、過剰になってしまうことがあります。

 

これがシミやそばかすの直接の原因となります。

 

L-システインとアスコルビン酸(ビタミンC)は、メラニンが過剰に生成されるのを防ぎます。

 

また、L-システインはメラニンを無色化し、排出する働きがあります。

 

ビタミンCは、これからできるシミを防ぐ効果、L-システインにはそれに加えて、今までにできたシミを薄くする効果が期待されています。

 

また、パントテン酸カルシウムは、別名ビタミンB5といい、肌の細胞を生み出す力があります。

 

パントテン酸カルシウムは、糖分や脂質、たんぱく質の代謝をはじめとして、皮膚を正常に保つ働きをする医薬品として、医療の現場でも処方されることがあります。

 

また、二日酔いのつらい症状を改善する効果も明記されています。

 

二日酔いの原因となるアセトアルデヒドという有害物質をL-システインが分解、無毒化することができるためです。

 

初回1,900円で買える美白薬の体験談

 

ハイチオールCシリーズの違い

 

ハイチオールC錠剤

 

ハイチオールCシリーズには、

 

  • ハイチオールCホワイティア
  • ハイチオールCプラス

 

があります。

 

違いとしては、ハイチオールCホワイティアは本気でシミ、そばかすを「治療」することを考えている方のための第3類医薬品、ハイチオールCプラスは、シミやそばかすも気になるけれど、なんだか元気でない、毎日だるい、という人のための栄養補給としての一面もあるようです。

 

どちらも第3類医薬品です。

 

3段階のステップで効果を実感することができます。

 

  1. 肌の調子が良くなる
  2. 肌が明るくなる
  3. シミ・そばかすが徐々に薄くなる

 

肌の調子が良くなる

 

肌の調子がいい女性

 

肌の調子は、全身の体調とも深く関係しています。

 

体調が最悪なのに肌だけ調子が良い、ということはありません。

 

ビタミンCとL-システインが代謝の力を高め、全身の倦怠感を解消し、代謝が活発な体に整えます。

 

最初のステップで総合的に体調も整えるため、日ごろの食生活でビタミンC不足だったり、代謝が悪い方はこのステップで時間がかかってしまうことがあるようです。

 

 

肌が明るくなる

 

肌が明るいイメージ

 

肌にはメラニン色素がありますが、代謝が悪くなるとメラニンが上手に排泄されず、肌表面にたまることが良くあります。

 

この蓄積が肌の色をくすませます。

 

L-システインがメラニンに働きかけ始めると、メラニンを無色化し、排泄する働きが高まります。

 

このため、うっすらと蓄積されていたメラニンがなくなり、肌が一段階明るい色に変わります。

 

 

シミ・そばかすが徐々に薄くなる

 

シミが薄くなった女性

 

過剰に生成されたメラニンの蓄積は、くすみの改善よりも時間がかかります。

 

このため、肌のターンオーバーを上手に利用しながら徐々にシミやそばかすを薄くしていくことが必要です。

 

ハイチオールCシリーズは、「3か月の継続服用が効果的」と推奨されています。

 

実力派!美白薬ランキングを見てみる。

 

ハイチオールCの成分

 

ハイチオールCホワイティア

 

ハイチオールCホワイティア

 

L-システイン 240mg
アスコルビン酸 500mg
パントテン酸カルシウム 30mg

 

ハイチオールCプラス

 

ハイチオールCプラス

 

L-システイン 240mg
アスコルビン酸 500mg
パントテン酸カルシウム 24mg

 

「ハイチオールCホワイティア」と「ハイチオールCプラス」のちがいは、パントテン酸カルシウムの量がちがうだけ。

 

ホワイティア(30mg)のほうがプラス(24mg)よりも、パントテン酸カルシウムの量が6mg多いです。

 

※L-システインは、効果のある薬剤ですが、医薬品の基準により、1日に240mgまでしか摂取することができません。

 

ハイチオールCホワイティアとプラスには、L-システインの1日の最大限摂取量が詰め込まれています。

 

副作用は、特にありません。

 

パントテン酸カルシウムもアスコルビン酸も水溶性のビタミンです。

 

摂りすぎても排泄されます。

 

ただ、L-システインは、1日の最大限摂取量が含まれていますので、過剰摂取にはくれぐれもお気をつけて下さい。

 

 

ハイチオールCの口コミ

 

パソコンでハイチオールCの口コミを見る女性

 

良い口コミと悪い口コミをまとめてみました。

 

良い口コミ

  • 外仕事だが、新しいシミはできなくなった
  • にきび跡の赤みが改善されてきている
  • 肌荒れが治った
  • 日焼け後のケアにもよい
  • 風邪予防もできている
  • 二日酔いは飲むと飲まないでは大違い

 

悪い口コミ

  • 飲み忘れた日には疲れを感じる
  • 飲み忘れる事がある。もう少し服用回数は減らないか
  • 劇的な効果はない

 

飲む美白薬は、1日複数回飲まなければならないものばかりで、うっかり飲み忘れてしまう人がたくさんいるようです。

 

美白に効く成分は一度にたくさん摂るよりも、分けて取るのが効果があるようなので、飲み忘れない工夫がどうしても必要なようです。

 

 

ハイチオールCに興味がある方はこちらの商品もおすすめ!

 

ロスミンローヤルが初回1,900円で購入できるページはこちら。

 

ロスミンローヤルは、ハイチオールCとおなじく、L-システインやアスコルビン酸など(美白成分)が配合された医薬品。

 

ちがいは、シミそばかす以外にも、小じわに効果があるという点。

 

そして、更年期女性にありがちな肩こり、腰痛、神経痛、冷え性、のぼせなどにも効果があるという点です。

 

血行を良くすることは、体調も良くなりますが、肌の新陳代謝もよくなります。

 

ネット限定商品で、初回のみ75%OFで通信販売されています。

 

いつ終了するか分かりませんので、気になる方はお試ししてみてはいかがでしょう?

 

定期コースと書かれていますがいつでも解約できますので、初回で私に合わないな〜となっても大丈夫です。

 

その場合は、1,900円しかかかりません。

 

自分に合うと思えば、続けることで実感を得ることができますよ。

 

ロスミンローヤル公式サイト(初回1,900円)を見てみる。