40代におすすめの美白化粧品(2017年度版)

   

30代後半から女性ホルモンがどんどん減少していきます。

 

そのため、肌の保湿力がなくなり、一気に乾燥肌になってしまう恐れがあります。

 

乾燥肌はシミの原因にもなります。40代におすすめの美白化粧品をまとめました。

 

 

アスタリフトホワイト

 

アスタリフト美白シミ

 

抗酸化成分であるアスタキサンチンを配合していることが最大の特徴です。

 

アスタキサンチンは、活性酸素の害を除去する抗酸化力に優れています。

 

その抗酸化力はコエンザイムQ10の1000倍、ビタミンCの6000倍といわれます。

 

美白成分としてはαアルブチンが配合されています。

 

アルブチンは、リスクもあるといわれるハイドロキノンと同じ効果を持つ安定型の成分です。

 

美白効果だけではなくアンチエイジング効果にも優れているため、肌の老化を感じたくない方におすすめです。

 

アスタリフトホワイトの通販トライアルセットを見てみる。

 

 

ポーラ ホワイティシモ薬用ローションホワイト

 

ポーラホワイティシモ薬用ローションホワイト

 

5つの天然保湿成分と美白成分を閉じ込めた「トリプルブライトカプセル」を配合し、ビタミンC誘導体も含まれている化粧品です。

 

しっかりと保湿をすることによって、肌の新陳代謝と有効成分の浸透力アップが期待できます。

 

アルニカエキス・グリチルリチン酸2kなどの整肌成分も配合しているので、40代に衰えがちなターンオーバーを促進する効果もあります。

 

ホワイティシモ公式サイトを見てみる。

 

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト

 

アンプルール美白トライアルキット

 

新安定型ハイドロキノンを配合しています。

 

ハイドロキノンは半ば強引にメラニン色素に働きかけてくれるため、乾燥肌になりかかっている人にも使える化粧品です。

 

乾燥肌のケアは、ターゲット保湿型セラミド、αリボ酸が行います。

 

気になるシミやそばかす、くすみに直接働きかけるのと同時に水分保持力の高い肌になるよう働きかけてくれる化粧品です。

 

アンプルール美白ケアトライアルキットを見てみる。

 

 

I’mPINCH(アイムピンチ)

 

乾燥肌になりそうな肌を救うための美容液です。お手持ちのラインナップに加える形の化粧品となります。

 

納豆菌発酵の濃厚な美容エキスを30%も配合し、国産大豆と米ぬかの高い保湿力を配合しました。

 

とにかく保湿をしっかりし、肌本来の機能をよみがえらせることにより、ターンオーバーを促進します。

 

ターンオーバーでメラニン色素を排出することによるシミやくすみの減少効果に加え、水分保持力が戻ることによる肌の弾力アップやシワの減少など、さまざまな効果が期待できます。

 

I’mPINCH(アイムピンチ)を見てみる。

 

 

ラウディ「BB&CCクリーム」

 

ラウディBBCCクリーム

 

シミ、くすみ、毛穴をしっかりカバー。ツヤと透明感があり、薄づきナチュラルに見える「BB&CCクリーム」。

 

これ1本で以下の7役の役割を果たします。

 

『乳液、美容液、クリーム、日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、コンシーラー』

 

忙しいときでも、わずか30秒くらいで時短メイクできてしまう人気アイテム。

 

雑誌メディアでも掲載されており、大人ミューズ、サンキュ!、LEE、GROWのベースメイク部門で1位を獲得。

 

定期コースが初回半額で約2か月分が2,800円のところ、1,512円(税込・送料無料・返金保証付き)で下記ページから注文することができます。2回目以降は、20%OFFの2,419円となっています。

 

30秒でベースメイク完了!無酸化発想のラウディ「BB&CCクリーム」

 

 

40代の肌はこうなる

 

40代で一番顕著なのは、女性ホルモンの減少

 

女性ホルモンは、肌に水分を保持する重要な役割を担っています。

 

女性ホルモンが減少してしまうことにより、肌の角質層から水分率が減少してしまいます。

 

乾燥しやすくなると、肌は肌細胞内の水分の移動がなくなります。

 

水分量が少なくなると血がドロドロになるのと同様に、細胞内から老廃物が排出されずにドロドロの状態になってしまうのです。

 

老廃物を含んだ細胞は、くすみやシミなどの原因になります。

 

そのような状態では、新しい肌細胞が生まれてきません。新陳代謝が落ち、老廃物がいつまでも肌に蓄積し続けてしまうのです。

 

また、角質層の間を縫って入ってくる美容成分は、乾燥肌には浸透しません。

 

乾燥すると角質層は乱れ、少ない水分を保持するために重なり合い、隙間がない状態になってしまうからです。

 

こうなるとどんなに良い美白成分を与えても、肌には浸透していきません。

 

40代で一番大切なのは、肌の保湿力を高めていくということなのです。

 

 

肌の糖化が始まります

 

早い人では30代後半から見られる「糖化」という現象が本格的に始まってきます。

 

目に見えてわかるようになるのは50代からなので、見た目にあまり変化はありません。

 

が、40代をどうケアするかによって50代以降の肌の色が違ってきます。

 

糖化とは、糖が細胞に結びついてしまい、黄ぐすみを起こしてしまう状態のことです。

 

高齢の方の肌は黄色っぽいのですが、これは糖が細胞と結びつき、黄変させてしまっている老化現象の一つです。

 

「抗糖化」の表示のある化粧品も気にし始めてよい年頃です。また、糖化を防ぐためにはアンチエイジングケアが欠かせません。

 

抗酸化成分の含まれている化粧品にも目を向けてみてください。

 

 

40代の美白ケアとは

 

何より乾燥を防ぐ

乾燥肌にしないことが何より大切です。どんなにいい化粧品を使っても、乾燥肌にはしみこみません。

 

水分をきちんとキープできるように、保湿効果の高いものを選びましょう。

 

乾燥肌になってしまうと、浸透しない美容成分は、肌にとってはただの「刺激」です。

 

刺激はメラニン色素を生成してしまい、かえってシミやそばかすの原因になります。

 

40代の方は何より乾燥肌にならないよう心がけましょう。

 

 

アンチエイジングケアをする

50代からではなく、もう40代からアンチエイジングケアをしましょう。

 

抗酸化の有効成分が入っている化粧品を使うだけでなく、サプリメントや食事も抗酸化作用のあるものを摂るように心がけてください。

 

美白のための飲み薬には、数ヵ月飲むことによってシミが薄くなるものもあります。

 

シミや美白に効く飲み薬はこちら(通販で初回安く購入できる商品です)

 

気軽に試せる!最新版の美白化粧品ランキングを見てみる。