アスタキサンチンはなぜ美白に効果があるの?

   

鮭やイクラの赤い色。それが、アスタキサンチンです。アスタキサンチンは色素ですが、色を付けることができるだけでなく、非常に高い抗酸化作用のある成分です。

 

ビタミンEの1000倍はあるといわれる抗酸化力が、美白に作用するのはなぜでしょう?

 

アスタキサンチン

 

 

抗酸化力が美白に必要なわけ

 

メラニンと活性酸素の関係

美白の大敵は、シミ、くすみ、そばかすですよね。きめの細かい素肌を作っても、メラニンの蓄積による色素の沈着は、せっかくの素肌感を台無しにしてしまいます。

 

紫外線を浴びると、細胞を守ろうとして、細胞内に「活性酸素」が発生します。酸素は人体に必要不可欠なものですが、酸素の働きが必要以上に活発化してしまうものを活性酸素と言います。

 

活性酸素は、酸化力の強い酸素のことです。紫外線から、細胞を守ろうとして生まれた活性酸素は、紫外線からは肌を守れても、細胞自体を酸化させてしまうことになります。

 

これを放置すると、細胞がボロボロになってしまいます。

 

それを守るために、メラニン色素が生まれます。メラニン色素は、活性酸素からのダメージを引き受けて酸化してくれます。

 

最初は淡い肌に近い色だったメラニン色素は、細胞の身代わりになって酸化します。酸化すると、黒褐色になります。

 

ちょうど、できた時はピカピカの10円玉が、だんだん黒ずんできて真っ黒になってしまうのと同じです。

 

これが、シミやそばかすの原因です。紫外線を浴びるとすぐにメラニン色素が生まれるようなイメージを抱きがちですが、その間に「活性酸素の発生」というプロセスがあり、紫外線はシミを作り出すのです。

 

 

活性酸素と過酸化脂質

活性酸素が生み出すのは、メラニンだけではありません。肌の皮脂も酸化させてしまいます。これを、過酸化脂質と言います。

 

通常の脂質は、自然に体内から排出されていきます。過酸化脂質は、放っておいて自然に体内から排泄されることはまずありません。このため、どんどん肌の中に蓄積されていくことになります。

 

排泄されない過酸化脂質の中にメラニン色素が集まってしまうと、どんどん蓄積されていきますが排泄されることがありません。

 

その間にメラニンもどんどん酸化していきます。こうして、過酸化脂質はシミを集める原因となってしまうのです。

 

 

活性酸素を除去するのが「抗酸化力」

メラニンを酸化させる原因になったり、過酸化脂質を生み出してしまう活性酸素を消去できるのが、「抗酸化力」です。

 

できてしまったメラニンも、細胞が酸化していなければ通常のターンオーバーに従って排泄されます。過酸化脂質に入り込まなければ、蓄積し続けることもありません。

 

このため、抗酸化力を体に取り入れることが、シミやくすみ、そばかすなどを作らない美白肌を作るのに必要なのです。

 

 

アスタキサンチンの抗酸化力

 

アスタキサンチンは、カロテノイドの一種です。カロテノイドは天然の色素で、ルテインやベータカロテンなどもカロテノイドの一種になります。

 

抗酸化力が強いカロテノイドの中でも、アスタキサンチンは非常に抗酸化力が高い成分です。ベータカロテンの100倍、ビタミン類で抗酸化力が強いビタミンEの1000倍の抗酸化力があります。

 

高い抗酸化力を活かして、非常に多くの美白サプリメントや化粧品に配合されています。

 

アスタキサンチンの配合された美白コスメ「アスタリフトホワイト」お試しトライアルセットはこちら。

アスタリフトホワイト

 

 

アスタキサンチンを含む食べ物

 

加熱すると赤くなるのがアスタキサンチンです。エビやカニなどの甲羅にも豊富に含まれています。生の状態の時に赤くても、加熱すると赤さが失われる赤身の魚などには、含まれていません。

 

鮭、イクラ、筋子、エビ

 

などに豊富に含まれています。

 

このほか、真鯛や金目鯛などの表皮が赤い魚も、表皮にアスタキサンチンが含まれています。皮ごと食べれば、アスタキサンチンを摂取することができます。

 

アスタキサンチンは油溶性の成分なので、油と一緒に食べると体内に多く吸収されます。

 

 

食品でのアスタキサンチンの摂取目安

 

アスタキサンチンの摂取目安量は、1日6mgとされています。最大16mgの摂取で異常なし、という研究結果はありますが、ヘマトコッカス藻を原料として抽出されたアスタキサンチンの場合、これ以上の摂取はおすすめできません。

 

食品から摂る分には、過剰摂取を心配しなくて大丈夫ということです。ちなみに、毎日6rのアスタキサンチンを摂取するには、鮭の切り身で2きれほど、甘エビでは10匹ほどということです。

 

ただ、カロテノイドは、消化管で吸収されるかどうかを競合する性質があります。このため、他の種類のカロテノイドを同時に大量に摂取すると、アスタキサンチンの吸収が下がることがあります。

 

 

アスタキサンチンはこんな化粧品に含まれている

 

アスタブランシリーズ(コーセー)

 

高い抗酸化力を持つアスタキサンチンを、高い濃度で配合する技術を持っています。シリーズの中でも、

 

  • 高濃度アスタキサンチンS
  • アスタキサンチンCPX
  • NewアスタキサンチンCPX

 

が特にアスタキサンチンの効果を活かしています。

 

アスタリフトシリーズ(FUJIFILM)

 

カロテノイドのうち、抗酸化力の強いアスタキサンチンとリコピンを独自のナノテクノロジーで配合しています。吸収しやすい構造にすることにより、肌の内側からの美しさ、うるおいに働きかけます。

 

アスタリフトホワイトのお試しトライアルセットを見てみる。

アスタリフトホワイト