アスコルビン酸の美白効果

   

アスコルビン酸とは、ビタミンCのことです。

 

もっと詳しく言うと、ビタミンCそのものではなく、ビタミンC誘導体のことです。

 

ビタミンCは酸化しやすく、化粧品などに添加することはできませんが、アスコルビン酸は誘導体ですので酸化しにくく、いろいろな活用方法が模索されています。

 

アスコルビン酸(ビタミンC)は、全ての飲む美白薬に入っている成分ですが、美白にどのような効果があるのでしょう?

 

実力派!最新の美白薬ランキングを見てみる。

 

レモン

 

アスコルビン酸が足りなくなると、こんなことが起こる

 

メラニン色素の過剰生成が起きます

 

メラニン色素は、肌細胞が紫外線の害から身を守るために作り出す、盾のようなものです。

 

これがないと、紫外線で細胞が破壊されてしまうということが起きます。

 

健康な肌のためには絶対に必要な物質です。

 

ところが肌ストレスが増え、肌細胞の酸化が進んでしまうと、メラニン色素を作る働きが暴走してしまうことがあります。

 

過剰に生成されたメラニンは肌細胞から排出されることなく、蓄積していきます。

 

蓄積されたメラニンは、やがて表皮の上から目に見えるようになっていきます。これが、シミです。

 

アスコルビン酸は、高い抗酸化作用を持っています。

 

肌細胞の酸化を還元する力がありますので、過剰にメラニンが生成されすぎたり、メラニンの排出がうまくいかなくなる代謝不足を正常な状態に戻す効果があります。

 

 

コラーゲンが作れなくなります

 

コラーゲンを飲んでいる女性

 

アスコルビン酸は、コラーゲン繊維を合成する能力も持っています。

 

化粧品に配合され、「おはだをモチモチにする」ということをうたわれているコラーゲンですが、コラーゲンは皮膚だけに働くのではなく、体内でも臓器や筋肉の維持に欠かせない物質です。

 

アスコルビン酸が欠乏すると、コラーゲン繊維が弱くなります。

 

血管を作っている細胞にも、弾力を保たせ、血圧に耐える力を与えているのはコラーゲンです。

 

コラーゲンが十分に作れなくなると、毛細血管などが血圧に耐え切れなくなり、破れるという現象が起きます。

 

歯茎や鼻出血なども起きることがあり、幼児の場合は骨の発育不良が起こります。

 

 

慢性疲労が続きます

 

慢性疲労の女性

 

体内では、細胞レベルで「代謝」が起こっています。

 

細胞も呼吸と活動をしています。

 

活動をするということは栄養分を必要とし、老廃物を生み出すということです。

 

生み出してしまった老廃物をそのまま細胞内に溜め込んでしまうと、細胞の活動が鈍ってきます。

 

アスコルビン酸は、代謝の働きを強める作用を持っています。

 

このため、アスコルビン酸の摂取が足りなくなると、代謝の働きが弱まってくることがあります。

 

細胞の老廃物を排出する動きが弱まることにつながりますので、いつも活動が十分にできない状態が生まれます。

 

これが、疲労の原因です。

 

油の切れた自転車をこごうと思ったら、いつもよりも力を入れて漕がなければなりません。

 

細胞も同じです。そのため、慢性疲労感が積もっていくことになってしまうのです。

 

 

アスコルビン酸を摂取するうえでの注意

 

アスコルビン酸

 

主な3つの不足症状を述べましたが、このほかにも食欲がなくなったり、不眠になったりなどの症状はあります。

 

アスコルビン酸は、腸で鉄分の吸収をしやすくする力があるので、アスコルビン酸の不足は貧血を招くこともあります。

 

が、上記の3つも含めて、すべての原因がアスコルビン酸の不足によるわけではなく、この後ろに病気が隠れていることもあります。

 

アスコルビン酸を多めに摂取する期間は、一応3か月を目安と言われています。

 

3か月で効果が感じられない場合は、服用を中止して医師の診断を仰いでください。

 

また、アスコルビン酸は結石の原因になるといわれたこともありました。

 

現在も、60歳以上の方はこれを信じている人が結構いらっしゃいます。

 

が、ビタミンCが結石の原因にはならないということが、現在ではわかっています。

 

極端に大量に摂ると、吐き気や下痢、腹痛などの胃腸障害を起こすことがまれにあります。

 

このような症状が起きた時は、接種を中止してください。

 

アスコルビン酸やビタミンCを直接肌に塗ったとき、シミができるという報告がされたこともあります。

 

これは、レモンに含まれるソラニンが紫外線の刺激を受けてシミの原因になるからとか、ビタミンCは皮脂の過剰分泌を減らすためだからと諸説あります。

 

実際のところ、ビタミンCとシミの因果関係はまだよくわかっていません。

 

生ビタミンCではなく、アスコルビン酸(ビタミンC誘導体)は、直接シミとは関係がないと考えられていますが、念のために朝は塗らないほうが良いと思われます。

 

 

アスコルビン酸で美白になるために

 

アスコルビン酸の入っているレモン

 

方法は2つあります。1つは、アスコルビン酸を含む美白薬を飲むことです。

 

もう1つは、食品からアスコルビン酸を摂ることです。

 

アスコルビン酸は、ビタミンEやカロチノイド(水溶性ビタミンA)を一緒に摂ることで、体内にとどまる時間が増えますので、高い効果が期待できます。

 

やはり、単品で摂取するよりも、いろいろな美白をサポートする成分が入っていたほうがいいですね。

 

アスコルビン酸や美白成分を複数配合している、「飲む美白薬」に、ロスミンローヤルという商品があります。

 

 

ロスミンローヤルは美白や小じわに効く

 

ロスミンローヤルは、アスコルビン酸やL-システイン(美白成分)などが配合された医薬品。

 

シミそばかす以外にも、小じわにも効果があります。

 

そして、更年期女性にありがちな肩こり、腰痛、神経痛、冷え性、のぼせなどにも効果があり。

 

血行を良くすることは、体調も良くなりますが、肌の新陳代謝(ターンオーバー)もよくなります。

 

ロスミンローヤルはネット限定商品で、初回のみ75%OFで通信販売されています。

 

いつ終了するか分かりませんので、気になる方はお試ししてみてはいかがでしょう?

 

定期コースと書かれていますがいつでも解約できますので、初回で私に合わないな〜となっても大丈夫です。

 

その場合は、1,900円しかかかりません。

 

自分に合うと思えば、続けることで実感を得ることができますよ。

 

ロスミンローヤル公式サイトを見てみる。