レチノールサプリの美白効果

このエントリーをはてなブックマークに追加   

レチノールは、ビタミンAの一種です。ビタミンには脂溶性と水溶性という2種類がありますが、レチノールは脂溶性のビタミンです。化粧品にも配合されていますが、通常食べているものの中にも含まれています。

 

ヒトの血液中にあるビタミンAは、ほとんどがレチノールです。

 

顔を鏡で見る

 

レチノールのサプリメント

 

レチノールのサプリには以下の商品があります。

 

  • ビタナリッシュビューティーサプリメント(オージオ化粧品)
  • ぷるんとうるおいゼリー(オージオ化粧品)
  • INNER ONE(BDM COSMETIC)
  • ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル(ネイチャーメイド)
  • ピジョンサプリメント 葉酸プラス

 

レチノールの効果

 

皮膚のターンオーバーのリズムを整えます

ターンオーバーとは、古くなった皮膚が剥がれて、新しい皮膚が下から出てくることです。健康な皮膚は通常28日周期でターンオーバーします。

 

ところが、加齢、紫外線、ストレスなどの負荷が皮膚にかかると、皮膚が正常にターンオーバーしなくなります。

 

その結果として、古い皮膚が排泄されないまま角質がたまり、メラニンが沈着してしまうことがあります。

 

これが、シミやくすみの原因となります。古くなった皮膚は水分を保持する力も弱くなります。こうして、乾燥も進み、シワの原因にもなります。

 

レチノールには、皮膚のターンオーバーを正常に戻し、皮膚の角質がきちんと剥がれるようにコントロールしてくれる力があるのです。

 

ターンオーバーのリズムが正常になることで、できてしまったシミやくすみ、そばかすなどの原因のメラニンも分解・排出することができます。

 

このため、ターンオーバーを整える力のあるレチノールは、美白に効果がある成分として、化粧品にも配合されているのです。

 

 

新しい皮膚細胞を生み出します

皮膚は剥がれるだけでは薄くなってしまいますよね。レチノールには、新しい皮膚細胞を生み出す力もあります。

 

新しい皮膚細胞を生み出し、古い皮膚細胞を排泄していく繰り返しが正常に続くことにより、若かったころの透明感のある素肌へともう一度導く効果が期待されています。

 

 

皮脂の異常分泌を抑制します

皮膚のターンオーバーがうまくいかなかったり、腸の調子が悪くなると、皮脂が肌から異常分泌されることがあります。ホルモンバランスの乱れによっても皮脂の異常分泌は起こります。

 

皮脂が分泌されすぎると、ニキビや毛穴の黒ずみなどの原因になります。それだけではなく、毛穴に皮脂が詰まることによって、毛穴を広げてしまうのです。

 

加齢によってもこの現象は起きるため、年を取ると毛穴が広がってきてイチゴ肌になってしまう原因にもなっています。

 

レチノールは、皮脂の分泌を抑制する働きがあります。きめの細かい肌には、毛穴が目立ってはいけません。

 

皮脂を正常に分泌することによって、自然な保湿効果はもちろん、毛穴の目立ちにくい肌に整える効果があります。

 

 

肌のコラーゲン生成を促進します

コラーゲンは、加齢とともに減少します。レチノールは、コラーゲンを作る働きに直接働きかけ、体内で作られるコラーゲンの量を増やすことを促進できる働きがあります。

 

 

視力を維持する働きがあります

レチノールは、もともと夜盲症(夜になると見えなくなってしまう病気)を改善するために発見された栄養素でした。正常な視力を保つ働きや、涙の量のバランスを取る働きなどがあります。

 

このため、視力維持だけではなく、眼精疲労やドライアイなどにも効果があります。

 

 

風邪予防にも効果があります

レチノールは、粘膜を作るのに欠かせない栄養素です。

 

粘膜がしっかりしていないと、体内にウイルスや病原菌が入り込みやすくなります。粘膜を丈夫に保っておくことが、風邪や病気の予防には何よりも大切なことです。

 

粘膜の大敵は、乾燥です。肌や目の乾燥は、レチノールが不足しているしるしです。体内の免疫細胞を元気にしてくれるビタミンCと一緒に摂るのがおすすめです。

 

 

レチノールが含まれている食品

 

レチノールが豊富に含まれている食品は、次のようなものです。

 

レバー、うなぎ、アナゴ、卵黄、チーズ、モロヘイヤ、ドライアプリコット、春菊、かぼちゃ

 

レチノールは油溶性のため、油で炒めると特に吸収が良くなります。また、うなぎや卵黄、チーズには脂肪分も含まれているため、手軽にレチノールが供給できるおすすめの食材です。

 

 

レチノールの副作用

 

レチノールには、妊婦さんに限り、重大な副作用があります。食事でとれている分では心配はないのですが、サプリメントなどで摂取する場合は気を付けてください。

 

油溶性のビタミンAは、妊娠12週までの妊婦さんが毎日15000IU以上の摂取を続けると、おなかの赤ちゃんの催奇形性(奇形が発生する割合)が通常の摂取量(5000IU)の妊婦さんに比べて3.5倍になるというデータが報告されています。

 

妊娠8週くらいまでは、人によっては気が付かないこともあります。妊娠中の方はもちろん、妊活中の方も、多すぎる摂取にはご注意ください。

 

また、妊婦でない方も、過剰摂取により後頭部の頭痛、手足の痛み、倦怠感、脱毛などの症状が現れることがあります。この場合は、服薬を中止し、医師に相談して下さい。

 

実力派!2017年度版の美白薬ランキングを見てみる。

 

気軽に試せる!2017年度版の美白化粧品ランキングを見てみる。

このエントリーをはてなブックマークに追加