L-システインで美白肌を目指すために

このエントリーをはてなブックマークに追加   

飲む美白薬には必ず含まれていると言っていい、L-システインという成分があります。

 

L-システインとはどんな効果があるのか、なぜ美白に効果があるのかをまとめました。

 

L−システイン

 

L-システインはなぜ美白に効くの?

 

メラニンの生成を抑える効果があります

L-システインは、体内にもともと存在するアミノ酸です。

 

皮膚や毛髪、爪など、体表面の細胞を作るアミノ酸です。

 

肌細胞が紫外線による刺激を受けると、肌の奥にある真皮組織を紫外線から守るためにメラニン色素を出し、紫外線をブロックします。

 

メラニン色素は肌を守るのに必要な物質ですが、加齢により衰えたり、紫外線が強すぎたりすると過剰生成されます。

 

過剰生成されたメラニンは、肌表面に蓄積していき、だんだん酸化していきます。

 

金属が酸化すると黒ずんでくるように、メラニン色素も酸化すると黒ずみます。

 

こうして、肌の上から見えるようになってしまった状態が、そばかすやシミです。

 

L-システインは、メラニンの過剰生成を防ぐ働きがあります。

 

過剰に生成されるのを防ぐため、肌を守る働きを残しながら蓄積を防ぎます。

 

こうして肌を美白へと導くのです。

 

 

新陳代謝を高める作用があります

 

美白と新陳代謝

 

L-システインが活発に活動していれば、皮膚や毛髪、爪などは新陳代謝が盛んになり、次々に新しい細胞がつくられ、古い細胞は除去されていきます。

 

これをターンオーバーと言います。

 

ところが、加齢によって体内のL-システインは減少していきます。

 

すると、皮膚の再生スピードが落ち、メラニン色素が沈着したままの細胞が肌表面に残ってしまいます。

 

これが、くすみという状態です。

 

できてしまったシミやくすみは、こすっても取れません。

 

下に新しい皮膚がない状態では、皮膚は剥がれることができないからです。

 

皮膚は、バームクーヘンのように層状になっています。

 

中からどんどん新しい肌細胞が生まれてこないと、外側が剥がれ落ちることができません。

 

L-システインは代謝の働きを高め、新しい肌細胞を作り出すことで、メラニンや老廃物の蓄積した肌細胞を押し出し、若いころのような透明感のある肌に導く力があるのです。

 

 

ニキビによる色素沈着も防ぎます

 

大人ニキビ

 

大人になってからのニキビは、

 

  • 同じところにできやすい
  • 洗顔などでは治りにくい

 

という特徴があります。

 

同じところにできて、しかも一度できてしまうとすぐには消えません。

 

このため、炎症を同じ場所で長期間起こすことになり、炎症の刺激から肌を守ろうとしてメラニンが過剰生成される原因になります。

 

大人ニキビの跡がうっすらと赤黒くなるのは、この時のメラニン色素沈着が原因です。

 

L-システインには、ニキビを予防する働きもあります。

 

できてしまった吹き出物を除去する効果にも優れているので、ニキビによる色素沈着も防ぐ効果が期待できます。

 

 

L-システインの美白以外の効果

 

二日酔いの症状を軽減できます。

 

二日酔いに注意

 

辛い二日酔いは、アルコールを分解する際に出る有害物質が頭痛や吐き気を誘発することで起こります。

 

『二日酔いには迎え酒』という俗説は、頭痛や吐き気を更なるアルコールで麻痺させるだけなので、そのあとにはもっとひどい二日酔いが待っています。

 

L-システインには有害物質を無害な物質に分解し、体内から追い出すまでの時間を短縮する効果があります。

 

短時間の解毒が可能になるため、二日酔いの症状を軽減させることができるのです。

 

 

コラーゲン作りをサポートします。

 

コラーゲンいっぱいの肌

 

たるみ、毛穴の開きの原因になってしまうコラーゲン不足も、原因は加齢によるものです。

 

システインは、コラーゲンのもととなるMSMという成分を結合させ、コラーゲンを作り出すのをサポートする働きがあります。

 

 

L-システインを摂るときに気を付けたいこと

 

食べ物だけでは加齢にあらがえない。

 

肌の状態が気になる女性

 

L-システインは、はちみつや肉類などに含まれている栄養素です。

 

ところが、食物に含まれているL-システインをすべて吸収するのは非常に難しく、食物の働きだけでは加齢にあらがえる量のL-システインは摂取できないようです。

 

加齢に対抗する、アンチエイジング効果を期待する目的でL-システインを摂取するのなら、吸収しやすく加工してある美白薬やサプリのほうが効果は見込めます。

 

また、単独で摂取するよりも、肌のメラニンを分解する効果のあるビタミンCや、肌の損傷を修復する力のあるビタミンB群を一緒に摂ることをおすすめします。

 

 

 

効果はじっくり、ゆっくり。

 

Lシステインの入った錠剤

 

L-システインは、肌だけに作用するものではありません。

 

これは、L-システインだけではなく、他のアミノ酸類やビタミン類の経口サプリすべてに言えることです。

 

体の中に入った栄養素は、まず体内の一番その成分を欲しがっているところに供給されます。

 

L-システインは体表面の部分に多く使用される成分ですので、髪の毛や爪にダメージがあれば、そちらでまず使われます。

 

顔の肌だけに即効があるものではありません。

 

すべての経口サプリや美白薬は、トータルで体調を整えることから美肌作りを始めます。

 

サプリメントは医薬品ではありませんので、副作用がないかわりに効き目もじっくりです。

 

美白薬も、加齢とともに肌のターンオーバーが長くなるので、効果が出る時期に個人差があるでしょう。

 

すぐに「効果がない」と決めつけてしまわずに、様子を見てください。

 

初回限定1,900円。美白薬ロスミンローヤルを実際に飲んでみた体験談はこちら。

このエントリーをはてなブックマークに追加