ハイドロキノンの皮膚科での料金は?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

肌の漂白剤といわれるほど美白効果の高いハイドロキノンですが、「高い」という理由で皮膚科での処方を避け、市販品や海外からの個人輸入品などを使う人もいるようです。

 

処方してもらうハイドロキノンは本当に高い?検証してみました。

皮膚科の医師たち

 

皮膚科処方のハイドロキノンのお値段は?

 

濃度にもよりますが4%のもの5gで2,000円前後が相場です。

 

5%以上になると、ヨーロッパの動物実験で発がんのリスクが確認されたこともあり、皮膚科で取り扱っているところは少ないようです。

 

「高い」「保険効かない」というイメージのある皮膚科の処方薬ですが、高品質で高性能な割に市販の化粧メーカーの出しているものよりも値段が安いとして、通販で手に入れる方法を女性雑誌にも特集が組まれていますよね。

 

 

高いのはハイドロキノンではなく、診察料

 

ハイドロキノンの代金

 

皮膚科ですから、窓口でハイドロキノンだけ手に入れることはできません。

 

処方してもらうためには、必ず診察料が必要となります。

 

診察料はクリニックによって違います。診察項目が異なるためです。

 

中にはハイドロキノンの処方だけを目的に来てもよい、と明記している皮膚科もありますので、お近くのクリニックを調べてみるとよいでしょう。

 

その場合は、初診料2,000円前後(再診料は1,000円前後)のみが必要になるのが一般的な相場のようです。

 

治療の一環としてハイドロキノンが用いられるのは、レーザー治療と併用する方法です。

 

この際は別途レーザー治療の料金がかかります。

 

気軽に試せる!美白化粧品ランキングを見てみる。

 

 

ハイドロキノンには保険診療は使えるの?

 

健康保険

 

ハイドロキノンは保険診療は使えません。

 

アメリカではニキビの際の保険適応が認められているのですが、日本ではまだ保険は使えませんので自費診療になります。

 

保険診療には、「保険がきく範囲」が定められています。

 

病気ごとに使用できる薬が決まっているのですが、ハイドロキノンはその中に含まれていない薬です。

 

保険診療は、「必要最低限の診療」という基準があります。

 

「制限診療」とも呼ばれています。

 

必要最低限以上の診療はすべて「自費(自由)診療」となります。

 

ハイドロキノン自体が自費診療に該当する薬のため、他の保険が効く病気治療とは併用もできません。

 

今の日本の医療制度では、「保険診療は保険診療、自費診療は自費診療」と分けられています。

 

混合診療はできませんので、ハイドロキノンを求めた時点で診察も自費診療となります。

 

 

ハイドロキノンを処方してもらう手順

 

ハイドロキノンを処方する医師

 

まず皮膚科を受診し、その際に「色素沈着(シミやそばかす)の改善のためにハイドロキノンを使いたい」旨を伝えると処方がスムーズになります。

 

色素沈着の中には、がんや内臓疾患の発現であるものもあります。

 

そういった可能性がないことを診断したうえで、ハイドロキノンを処方してもらえることになります。

 

ハイドロキノンも時間とともに劣化しますので、皮膚科で主に行われている処方としては、1か月に1回程度の割合で新しいものを処方するようにされています。

 

通販限定お試し美白化粧品ランキング

 

 

ハイドロキノンの効果はどのくらいで出る?

 

ハイドロキノンの効果が気になる女性

 

通常、3か月と言われています。

 

ハイドロキノンは可逆性の薬なので、使用をやめれば元に戻ります。

 

副作用がなく、効果がみられるようなら長期使用が可能になりますが、長期間使い続けることによって白斑のリスクも高まります。

 

ハイドロキノンは効果が出たらいったん止め、また肌の休養期間を置いたうえで使う、という使い方が一般的です。

 

 

ハイドロキノンの効果

 

ハイドロキノンの効果が気になる鏡を見る女性

 

ハイドロキノンは漂白作用を持っています。

 

シミの原因になるメラニンやメラノサイトに働きかけ、根本から色素を減らしてシミやそばかすを改善する効果に優れています。

 

ハイドロキノンは通常の美白薬やレーザー治療では効果のない肝斑など、ホルモンの乱れが原因で起こるシミにも効果があります。

 

また、下着のこすれが原因で起きる色素沈着なども改善することができます。

 

トレチノインと併用したり、レーザー治療と併用する方法があります(トレチノインとレーザー治療を両方行うことはありません)。

 

ハイドロキノンだけでは肌への浸透力が低いため、より効果を出すために表皮を薄くはぐ効果のあるトレチノインと併用するとより効果が出るようです。

 

今あるシミだけではなく、これからできるシミも防ぐ効果がありますので、紫外線が強くなってくる春先から夏にかけてだけ使うなど、季節限定で使っている方も多いようです。

 

トレチノインとハイドロキノンの効果・使い方

 

 

治療の際の注意点

 

妊娠している女性

 

妊娠中の方・授乳中の方・妊娠の可能性がある方には、ハイドロキノンの使用は薦められていません。

 

効果の高い薬には、それだけ副作用のリスクが多くあります。

 

ハイドロキノンの主な副作用としては発赤が挙げられます。

 

肌に対してあまりに刺激が強いと赤みが差し、戻らなくなってしまうことがあるのです。

 

また、同時に白斑のリスクもあります。

 

効果がありすぎてしまって、塗った部分が脱色したように白くなってしまう症状のことです。

 

ハイドロキノンの効果は可逆性で、肌が白くなった場合でも使うのをやめると徐々に色素沈着が再度進んでしまうことがありますが、白斑は使用をやめても戻りません。

 

トランサミンという内服薬を併用するとさらに効果が出ると祝えていますが、トランサミンが向かない体質の人もいるようです。

 

 

皮膚科で処方してもらうメリットとデメリット

 

ハイドロキノンを説明する女性

 

効果も高く、副作用のリスクも高いハイドロキノンは次のようなメリットとデメリットがあります。

 

 

メリット

医師の管理下で処方と指導が行われるため、副作用のリスクを回避することができる。

 

また、肌に合う、合わないなどの判断もプロの目で判断してもらうことができるため、肌トラブルが起きにくい。

 

デメリット

クリニックによっての話だが、初診料が万単位でかかるところもある。

 

最初は2週間に1度の通院を求められるところもあり、忙しい方やクリニックの営業時間などによっては通いにくいなどがある。

 

 

ハイドロキノン濃度が低めで安心して使える化粧品お試しもあり。

 

皮膚科を受診するのが面倒くさい、料金が不安…。

 

そういう場合には、ハイドロキノン入りの化粧品お試しセットを買うのも手です。

 

インターネット限定で購入できる「ビーグレン」は、ハイドロキノン入りの美白トライアルセットが購入できます。

 

365日間の返金保証付きで、送料無料で気軽に試せるので、興味がある方は注文してみていいかもしれません。

 

365日間返金保証付き ビーグレン QuSomeホワイトトライアルセットはこちら。

 

ビーグレンホワイトトライアルセット

 

美白効果が高いが刺激になりやすいハイドロキノンを、独自の浸透テクノロジーで融合させた新成分Q(HQ)を配合。

 

シミやニキビの色素沈着が目立っている方や、そばかす・肝斑に悩んでいる方、くすみのない透明感のある肌に早くなりたい方におススメ。

 

【美白や美肌に良い成分】

 

QuSomeR化ビタミンC、QuSomeR化アルブチン、QuSomeR化ハイドロキノン

【価格・送料】

 

QuSomeホワイトトライアルセット
1,944円(税込)送料無料

 

ビーグレン

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加