そばかすへのフォトフェイシャル効果と副作用

このエントリーをはてなブックマークに追加   

フォトフェイシャルでそばかすケアする女性

 

そばかすを早く消せると話題のフォトフェイシャルについてまとめました。

 

メリットばかりではないことを知っておいてください。

 

 

フォトフェイシャルとは

 

フォトフェイシャルとは、レーザーよりも弱い波長の光を肌に広範囲に当てることによって、シミやそばかす、くすみなどを除去する施術の事です。

 

色素沈着系のトラブルだけでなく、皺やたるみ、毛穴の開きなどにも効果があります。

 

フォトフェイシャルというのは、ルミナス社の機器を使って行われる施術の事なので、IPLとはイコールではありません。

 

類似した機器を使っているエステなどは、「フォト〜」「フェイシャル〜」などという名前を付けていることがあるので、ご注意ください。

 

フォトフェイシャルは光の強さを調節して照射することができます。

 

深いところまで届く強い光なら、コラーゲンを作り出す真皮細胞の組織に働きかけて活性化することができますし、中くらいの光なら浅い部分に作られているシミやそばかすの部分にレーザーを吸収させることで、メラニン色素を破壊して分解することができます。

 

フォトフェイシャルの弱い光は紫外線なので、弱い施術にすると、かえってシミやそばかすはひどくなります。

 

日焼けサロンのマシンは同じような原理ですが、弱い紫外線しか出さないので日焼けサロンでフォトフェイシャルの効果を得ることはできません。

 

フォトフェイシャルは医療行為なので、医療機関でしか受けられません。

 

エステティックサロンでも、フォトフェイシャルに類似する光を当てる治療はありますが、効果は医療機器よりも劣ります。

 

しかしその分、価格が割安なところもあるので問い合わせてみるとよいでしょう。

 

 

フォトフェイシャルを受けるには注意が必要

 

フォトフェイシャルは受けられる方と受けられない方がいます。

 

フォトフェイシャルを受けられない人は以下の通りです。

 

  • 日焼けをしている人
  • 顔部分にアートメイクやタトゥーがある人
  • もともと色黒の人
  • 妊娠中の人
  • 日光過敏症がある人
  • ペースメーカーを着用していたり、心疾患がある人
  • 糖尿病の人
  • 免疫系の疾患がある人
  • てんかんの病歴がある人

 

もともと色黒といっても、どの程度から色黒なのかは人によって判断がまちまちです。

 

直接お医者さんに見せないと判断できませんので、自分が色黒かもしれないと思う人は相談のみは無料のところを探して相談してみるのがおすすめです。

 

 

そばかすはフォトフェイシャルで消えるの?

 

消えます。

 

そばかすは比較的浅い部分にメラニン色素が蓄積している状態なので、皮膚の浅い部分に照射する光の波長を選べば、1〜2回で消えるということです(個人差はもちろんあります)。

 

大きな範囲にあるシミなどはもう少し回数が必要なようですが、出たばかりのそばかすは早く消えるようです。

 

そばかすでも、もう長い期間あるようなものは皮膚の深いところにもメラニン色素がある可能性がありますので、もう少し回数が必要かもしれません。

 

フォトフェイシャルは、化粧を完全に落とした後、専用のジェルを塗って光を照射します。

 

照射した後クールダウンし、ジェルをぬぐったあとさらにクールダウンします。

 

フォトフェイシャルを行った後の肌は紫外線等の刺激を受けやすいので、日焼け止め等の紫外線ケアは忘れてはいけません。

 

フォトフェイシャルは肌質そのものを改善したりするものではないため、そばかすは一時的に消えても、紫外線ケアを怠ったり、生活習慣の上でストレスや睡眠不足など、活性酸素が生まれるような刺激が多ければすぐにまたそばかすが出てきてしまいます。

 

メラニン色素を必要以上に作らないよう、体の中から活性酸素を取り除くような栄養分を取ったり、ストレスの多い生活に陥らないように気を付けてください。

 

 

フォトフェイシャルのメリット

 

施術にかかる時間と期間が短い

 

フォトフェイシャルはレーザー治療とは違い、肌の幅広い部分に光が当たります。

 

フォトフェイシャルの光は、肌の広範囲な部分に対して「一気にメラニン色素を壊す効果」が期待できるので、顔全体でも施術時間は短く、30分から40分程度で済みます。

 

 

副作用がほとんどない

 

フォトフェイシャルで照射できる光の波長は調節可能なので、出力を間違わない限り失敗はありません。

 

技術のない人が行うと、肌が赤くなったりやけどをしたりということがありえます。

 

フォトフェイシャルは医療機関で受けるのが一番です。

 

弱い光から様子を見つつ強い光に移行していくので、よほど適切でない出力でなければ大丈夫です。

 

 

肌の広範囲をケアできる

 

フォトフェイシャルは、メラニン色素を分解する効果のほかにも、真皮の奥にあるコラーゲンを作り出す部分を刺激する効果があるため、肌の保水力を高めてみずみずしく透明感を出す効果があります。

 

もともと、強いフラッシュに照らされることの多いモデルさんの肌がきれいなのはなぜか、ということから始まったのがフォトフェイシャルの技術です。

 

繰り返すことによって、肌のハリや白さを手に入れることができます。

 

 

フォトフェイシャルのデメリット

 

元に戻りやすい

 

フォトフェイシャルの効果は一時的なものなので、そばかすが消えても生活習慣が今までと変わらなければまた出てきます。

 

肌質そのものが変わるわけではなく、一時的にドーピングをするような状態です。

 

フォトフェイシャルの効果を持続するためには、定期的にフォトフェイシャルの施術を受ける必要があります。

 

もちろん、病気治療ではなく美容目的が主のものは、保険診療ではありませんのでお金もかかります。

 

 

女性ホルモンの乱れによってできたしみ、そばかすは消えない

 

女性ホルモンが乱れることによってできるシミが肝斑です。

 

肝斑は、レーザー治療やフォトフェイシャルでは消すことができません。

 

肝斑部分が光やレーザーに刺激されて悪化することがあります。

 

 

日焼けの応急処置はできない

 

日焼けをしてしまった肌は過敏になっているので、「焼きすぎちゃったからそばかすになる前に何とかしよう」という事前のケアができません。

 

日焼けは予防が肝心です。

 

予防のためには日焼けしてもメラニン色素が肌にたまりにくい状態を作っておく必要があります。

 

化粧品や、肌内部からの栄養補給によって刺激に強い肌を作っておきましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加