美白になる漢方薬

このエントリーをはてなブックマークに追加   

何か肌にトラブルが起こった時にとりあえずその症状を抑えることを「対処療法」といいます。

 

漢方薬の考え方は、対処療法とは違い、体の中の原因を改善するところから治療を始めるという考え方です。

 

イチョウ葉

 

漢方で一番大切にされている考え方は、「体を温め、水の流れを良くして老廃物を捨て、足りないところには補い、バランスを整える」という考え方です。

 

これは、西洋医学の美白に対する考え方とほぼ一致しています。「細胞に蓄積された余分なメラニンを捨てるために、血行を良くして代謝酵素を補う」という考え方とほぼ同じです。

 

それを体の臓器レベルから改善しよう、とするのが漢方の考え方です。

 

ここでは、内服目的の美白に効果がある漢方の種類の紹介に合わせて美白目的で処方される漢方薬についてご紹介します。

 

 

美白に効果がある漢方成分

 

こちらに挙げたのは、単独でも美白効果がある、とされている漢方の成分です。市販薬については、後半でご紹介しています。

 

 

イチョウ葉エキス

血行を促進する成分を豊富に含んでいます。メラニンの生成を抑える力、抗酸化作用があることも証明されています。

 

ナツメ

胃腸の働きを活性化させる効果があり、デトックス効果も持っています。内臓から整えることで肌から排泄される有害物質の量を減らします。

 

このことから、炎症を防ぎ、余計な肌ストレスをかけなくて済みますので、炎症や色素沈着を防ぐことができます。

 

ハトムギ(ヨクイニン)

体内の水分の流れをコントロールし、正常化することができる成分です。

 

細胞間の老廃物の排出の働きを盛んにしますので、肌細胞に蓄積された過剰なメラニンを排出する効果が高まり、できてしまったシミを改善するのに役に立ちます。

 

カンゾウ

色素沈着や、シミに効果があることで知られている漢方薬です。カンゾウエキスは、外用として化粧品にも配合されています。高い保湿性も持っていて、肌を保護する効果があります。

 

全身疾患への効果もあり、万能の製薬としてさまざまな製品に含まれています。

 

 

美白に効果のある漢方薬

 

美白、シミ、そばかすの解消などに効果のある漢方薬を集めました。値段は、2015年10月現在、楽天市場のものです(送料別)。

 

体質によって、美白に良く効く漢方薬の種類はそれぞれ違ってきます。街の漢方医や、皮膚科の医師に効くと教えてくれたり、処方してくれたりしますので、その場合は漢方医や医師の指示に従ってください。

 

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

女性ホルモンのバランスを整え、冷え性改善や更年期障害などに作用する漢方薬です。血行が悪いと、皮膚細胞が過剰に生成されたメラニンを排出できなくなります。

 

排出されないメラニンは皮膚細胞に蓄積し、もやっとしたくすみやシミの原因となります。

 

女性ホルモンの乱れは、肝斑という顔の左右対称にできる大きめのシミを生むことにもつながります。

 

当帰芍薬散は、血行を良くして代謝を活発にする作用があり、シミやくすみの原因になるメラニンの排出に役立ちます。

 

また、女性ホルモンのバランスを改善して、肝斑を解消したり、これからできる肝斑を予防したりする効果があります。

 

  • ツムラ漢方 当帰芍薬散料 64包 : 3,650円
  • クラシエ当帰芍薬散錠 540錠 : 5,085円

 

シャクヤクの成分が入っている美白薬ロスミンローヤル

 

 

加味逍遥散(かみしょうようさん)

加味逍遥散は、女性ホルモンの乱れから起きる肝斑などのシミを改善するための漢方薬です。

 

ホルモンのバランスが崩れることによって、肌が刺激を受けやすい状態となり、紫外線などの刺激を受けてメラニンが過剰生成され、蓄積してしまうシミです。

 

大変治すのが難しいシミで、化粧品などの外用薬では解決することはできないといわれています。加味逍遥散は、漢方の力で体内から代謝を上げ、ホルモンバランスを整えます。

 

ホルモンバランスが整うことによって、できてしまったシミの排出も促され、正常な肌の白さに戻す効果が期待できます。

 

また、内臓を温める効果もありますので、体そのものの健康維持にも役立ちます。

 

  • ツムラ漢方 加味逍遥散 64包 : 5,375円
  • クラシエ漢方 加味逍遥散錠 180錠 : 2,570円
  • 一元 加味逍遥散 2000錠 : 13,450円

 

 

清上防風湯(せいじょうほうふうとう)

女性ホルモンが乱れてくると、足は冷えているのに上半身だけほてったり、ホットフラッシュがあるなどの症状が出てきます。

 

上半身のほてりは、吹き出物やニキビを出現させ、そのあとの炎症によって色素沈着を起こしてシミやそばかすの原因となります。

 

上半身の熱をこもらせないようにする漢方薬で、顔の皮膚の赤みや炎症を抑える効果があります。また、ニキビなどの皮膚の炎症からくる色素沈着を防ぐ効果もあります。

 

  • ツムラ漢方 清上防風湯 24包 : 1,709円
  • 松浦漢方清上防風湯エキス細粒 300包 : 15,449円
  • 一元 清上防風湯 2,000錠 : 12,199円
  • 本草 清上防風湯エキス錠-H 150錠 : 1,556円

 

 

ヨクイニン錠

美白効果のあるハトムギの実の殻を取り除いたものがヨクイニンです。いぼとりの妙薬として有名なハトムギですが、肌への保湿効果やむくみの改善にも役立ちます。

 

利尿作用があり、体内の水の流れを改善することによって、過剰に蓄積されているメラニン色素や古い角質を排出することができます。排泄の力を促すことによって、肌を美白へと導きます。

 

ヨクイニンにはサプリメントもありますが、ここでは第2類医薬品として分類されているものだけを挙げておきます。

 

  • クラシエ ヨクイニンタブレット 540錠 : 1,358円
  • ヨクイニンS「コタロー」  720錠 : 4,132円
  • 本草製薬 ヨクイニン錠S 360錠 : 1,090円

 

 

漢方薬の副作用

 

飲み方や一日量などは、個人によって違います。個人の体質は、人によって違います。そのため、自己診断によって漢方薬を飲むと、のぼせやほてり、吹き出物や下痢などの症状が出ることがあります。

 

自己診断は危険です。最初は、医師に処方してもらい、だいたいの自分の体質の傾向と服薬量の目安をつかむことをおすすめします。

 

実力派!2017年度版の美白薬ランキングを見てみる。

 

気軽に試せる!2017年度版の美白化粧品ランキングを見てみる。

このエントリーをはてなブックマークに追加