30代版。できてしまったシミ・そばかすについての対策化粧品

このエントリーをはてなブックマークに追加   

気を付けていてもシミやそばかすができてしまったら、すぐに対策を取りましょう。

 

今までのシミやそばかす予防よりも一段高めたケアが必要です。

 

シミやそばかすに効果があると評判の化粧品「フレキュレル」を使う

 

フレキュレル

通販限定。そばかす専門の美白クリーム「フレキュレル」

 

通常の美白ケアではなかなか消えないそばかすも薄くする力のあるクリームです。

 

もちろんシミにも効果があります。

 

余計なメラニンを作らせないトラネキサム酸と、バイオベネフィティ、アルピニアアカマツダイ種子エキスなどの働きでメラニン色素を合成する働きを阻害します。

 

メラニン色素を排泄するシュガースクワランも配合され、できてしまっているそばかすを薄くする効果もあります。

 

肌のターンオーバーを高めるためにセラミドを3種類も配合し、水分を含んでみずみずしい肌へと導く効果も期待できます。

 

美白には保湿も大切なので、保湿成分を贅沢に配合し、肌のバリア機能を高める力もあります。

 

ビタミンCの270倍の美白力がある『油溶性甘草エキス』を独自カプセル技術でナノ化し、肌のより奥に届けることで美白効果を実現しました。

 

シミやそばかすができてしまったら、本当に今のうちに治しておかないと、40代になって厚くファンデーションを塗ることでごまかすしかなくなってしまいます。

 

10年後のために今からケアしておきましょう。

 

フレキュレルはもちろん、予防のために使うこともできます。

 

そばかす専門の美白クリーム「フレキュレル」の公式サイトを見てみる。

 

 

体の内側からの美白成分を強化するロスミンローヤル

 

ロスミンローヤル

初回1,900円!ロスミンローヤルの公式サイトを見てみる。

 

サプリメントでは物足りない、もっと効果が欲しいという人のために、できてしまったシミやそばかすを薄くするだけではなく、小じわや肌荒れも改善することが期待できる医薬品がロスミンローヤルです。

 

9種類の生薬成分で血行を良くする効果があります。

 

これは、血行を良くすることによって女性に多い冷えや血行不良に働きかけ、ターンオーバーの力を高める目的で配合されています。

 

13種類の美容有効成分によって肌に働きかけ、顔だけではなく全身の肌のみずみずしさを取り戻す効果に優れています。

 

ターンオーバーを取り戻すためのL-システイン、美白に効果のあるアスコルビン酸(ビタミンC)など、医薬品なので、サプリメントよりも高い効果が認められています。

 

空腹時の服用は避け、食後30分以内の服用が勧められています。

 

空腹時に服用してしまうと、胃を荒らす可能性があるためです。

 

妊娠・出産は女性ホルモンが乱れるためにシミやそばかすが一気に出てくることもありますが、ロスミンローヤルは妊娠・授乳中にも服用可能です。

 

ただし、医薬品ですので妊娠中の方は医師に相談が必要です。

 

10年後のキレイのために、今から油断せずにしっかり対策をしていきましょう。

 

初回1,900円!ロスミンローヤルの公式サイトを見てみる。

 

 

30代のシミ・そばかすケア

 

シミとそばかすが気になる女性

 

30代になると、お肌のターンオーバー機能が落ちます。

 

コラーゲンを作る機能も衰えてくるので、シミやそばかす、全体的なくすみなどの肌トラブルが増加します。

 

特別なことをするのではなく、日常のケアが大切。

 

30代のシミ・そばかす化粧品やケアについてまとめました。

 

 

30代のシミ・そばかすは努力で予防できる

 

シミ・そばかすは、メラニン色素の沈着によって起こります。

 

メラニン色素は、紫外線を肌が浴びて活性酸素がメラノサイトを刺激することによって産生します。

 

 

30代のそばかす

 

そばかすについては、先天的なものと後天的なものがありますが、30歳で出てくるそばかすはすべて後天的なものです。

 

先天的なものは遺伝要素が強いため、予防することも対策することもほぼできませんし、思春期が終わるころには消えます。

 

30代からそばかすが出てくる場合は、後天的なものなので予防も対策もできます。

 

 

30代のシミ

 

シミはそばかすとは逆に、生まれついてのものが消えることはありません。

 

また、レーザーなどでも消せるものと消せないものがあります。

 

30代で出てくるシミは、やはり紫外線が主な原因になりますので予防も対策もできます。

 

 

30代の肌環境

 

肌にはターンオーバーという、古い肌が新しい肌に置き換わる周期があります。

 

20歳まではほぼ1か月周期で表面の肌細胞は入れ替わっていきますが、20代中ごろくらいからだんだん遅くなっていきます。

 

ターンオーバーが規則正しく行われないと、表面の肌細胞が古い角質としていつまでも肌表面にいることになります。

 

古い角質の中に蓄積されているメラニン色素は、時間がたつと十円玉のように酸化して黒ずんできます。

 

こうして外から見えるほど黒くなってしまったものがそばかすです。

 

広範囲にまとまればシミですが、ぽつぽつと出てくればそばかすになります。

 

後から出てくるそばかすは、放っておくと範囲を広げ、シミのようになってしまうことがあります。

 

そばかすはかなり広範囲に出てきますので、それが集まると薄茶色のシミが目の下から頬にかけて肌を覆ってしまうこともあります。

 

30代は体の内側と外側から働きかけることによって、そばかすケアはできます。

 

やがて来る40代に白い肌を保っているために、今から対策を行いましょう。

 

 

シミ・そばかすの予防対策

 

シミやそばかすは活性酸素によって起こります。

 

活性酸素を生まないようにすることが一番の予防対策になります。

 

 

紫外線対策は絶対

 

紫外線対策は一年中必要です。

 

曇りの日でも、冬でも紫外線は降り注いでいます。

 

屋内にいても日焼け止め対策は必要です。

 

紫外線対策としては日焼け止めが基本ですが、外に出るときは日傘やサングラスなども必需品です。

 

肌は化粧品の刺激が強すぎても肌を守るためにメラニン色素を生み出してしまいますので、低刺激のものをお使いください。

 

 

抗酸化作用のあるものを摂取する

 

紫外線によって発生する活性酸素が、メラノサイトを刺激することによってメラニン色素は生まれます。

 

活性酸素を作らせない、抗酸化作用のあるものを摂取しましょう。

 

抗酸化作用のあるアスタキサンチンや各種ポリフェノールは、活性酸素の害を除去し、メラニン色素が生み出されるのを抑制する効果があります。

 

ビタミンC、Eなどのビタミン類もおすすめです。

 

 

肌のバリア機能を高める

 

30代はコラーゲンの生成機能が衰えます。

 

コラーゲンが作られないことによって、肌表面の潤いと水分量が減少してしまうため、紫外線の刺激を肌表面でブロックすることができなくなります。

 

コラーゲンはビタミンCをたくさん摂ることによって、産生能力が上がります。

 

サプリメントや普段の食事で、ビタミンCを摂取するよう心がけましょう。

 

肌のバリア機能を高めるために、セラミドなどが配合されている化粧品を使うのも有効な方法です。

 

 

肌のターンオーバー機能を高める

 

肌のターンオーバー機能を高めることで、古い角質を取り去り、新しい肌細胞で覆われたみずみずしい肌を作ることができます。

 

L-システインなどが含まれているサプリメントは、肌のターンオーバー機能に働きかけることができます。

 

 

規則正しい生活

 

一番難しいかもしれないのが、生活習慣を整えることによってシミやそばかすを予防するということです。

 

睡眠不足やストレス、栄養不足などでシミやそばかすが生まれるリスクは上昇します。

 

肌が修復する成長ホルモンが出る夜22時から朝2時の間にしっかりと眠り、暴飲暴食をせず、余計なストレスをためないことが一番の美肌への薬なのですが、現代社会で生きていく女性には実はこれが一番大変なことかもしれません。

 

規則正しい生活ができていないことで、あなたの肌はそばかすやシミ予備軍ということができます。

 

しっかりと予防に努めましょう。

 

実力派!2017年度版の美白薬ランキングを見てみる。

 

気軽に試せる!2017年度版の美白化粧品ランキングを見てみる。

このエントリーをはてなブックマークに追加